カテゴリ:ピアノ( 210 )

夢の中の生徒たち⑱~悲しい感じ

c0252184_2310464.jpg

「なんか、かなしそう」

ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本1巻から
『ドシドシいばりやマーチ』を弾いた時の
生徒のつぶやき

『ドレドレいばりやマーチ』で
いばって歩くベンジャミン・バニー氏を
マルカートで弾いた後

次はシの音を習って
やはりマルカートで
ドシドシいばりやマーチを弾きます

ドレと上行音型のメロディに対し
ドシと下降音型でしかも半音

メロディの違いを
そんな風に聴きとっているなんて…

マルカートではっきり弾くこと
レとシの音の区別を理解すること

この二つのことに
意識がいっていた私に
大きな気付きを与えてくれた
生徒の一言でした

子どもの感性って素晴らしい

そうだよね
なんか違うよね

なんだろうね
きつねさん(きつねの挿絵があります)
寂しかったのかな
悲しかったのかな

ベンジャミン・バニー氏は
あんなに偉そうにいばって歩いているのにね

二人でいろいろ想像するのも大事なレッスン







[PR]
by klingmusik | 2018-02-20 23:24 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

年中さんとピアノ体験レッスン

c0252184_1183248.jpg

先週はお別れの後
嬉しい再会がありました

以前
親子音楽クラスに参加しておられた
年中さんの女の子が
ピアノの体験レッスンに来てくださいました

一緒にわらべうた歌ってあそんだ
楽しい思い出がよみがえります

ちょっと緊張気味にはじまりましたが
すぐに笑顔がこぼれて
ぴょんぴょん!

楽しさを身体で表現するのが
まだまだかわいい5才児さん

リズムのまねっこしたり
鍵盤の上をお散歩したり
ピアノの音を体験したり
ピアノでしりとりしたり

はじまりは
身体も使っての音楽体験で
楽しい!と感じてもらうところから

楽器は未経験のお母さんも
「いいなぁ~、楽しそう!いいなぁ」

是非ぜひ
お母さんもご一緒に楽しんでくださいね

終わってからは
ずっと笑いが止まらず

ピアノ初体験は
楽しかったみたいでよかったよかった

体験レッスンで大事にしていることは

見よう見まねで
簡単な曲を弾かせたり
シールを貼ったり書かせたりと

目に見える形を整えることではなく
その時間を思い切り楽しむこと

音楽って楽しい
おもしろそう
やってみたい

これからはじまることへの期待感
感じてもらえたみたいです

翌日
ご入会のお返事をいただきました

赤ちゃんの時に出会って
成長した彼女と再会

どんなレッスンになるのでしょう
私もわくわく
期待でいっぱいです


ピアノ体験レッスンの内容はこちらで紹介しています→






[PR]
by klingmusik | 2018-02-11 11:09 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

さよならのワルツ

c0252184_23431331.jpg

少し寒さが緩んだ今日

3才になる前からおつき合いしてきた
生徒のお引越しの日でした

はじめて会った時
まだ本当にちっちゃくて
かわいい声でわらべうたを歌っていたのが
なつかしい

幼稚園の3年間は
親子音楽クラスで
わらべうたと音あそびで
思い切り音楽を楽しみ

小学校入学でピアノを初めて
まだ1年足らず

もっともっといろんなこと
一緒に勉強したかったよね

いつも心の中に音楽があふれていて
ピアノで音にしていくのが楽しくて
全身で音楽してました

最後のレッスンで
二人で『ピーターのワルツ』を
弾きました

「先生とHちゃんでいっしょにワルツをおどります!」

心を込めて精いっぱい楽しくワルツを弾きながら
この時間がずっと続いてほしいと
泣きそうでした

お引越しという一大事を
小さな体で受けとめて
がんばってきた一ヶ月
ピアノやわらべうたにも
支えられたみたいです

これからもきっと
音楽を楽しく続けていってくれるでしょう

いつかまた一緒に
ピアノを弾ける日を楽しみに

4年間ありがとう!






[PR]
by klingmusik | 2018-02-08 23:45 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夢の中の生徒たち⑰~イメージ力

c0252184_16432939.jpg

ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本
1巻では

ピアノを弾くために大切な
音の聴き方や奏法
楽譜の読み方を
一つひとつ学んでいます

最初の数曲で
マルカート、スタッカート、レガート、テヌート
4つの奏法を
イメージと結びつけながら学んで

続く曲では
それらを自由に使いこなしながら
楽しく練習をすすめます

『ナトキンのおどり』の曲は
りすのナトキンが愉快におどる様子を表現

上手に弾けるようになったら
いろんな人になっておどろう!

ファンタジーの世界にいる1年生Girlは
テキストをパラパラめくりながら
挿絵からお話の登場人物をさがし

「う~ん、カメのおどり」

ゆっくりテンポでテヌートで
カメになりきって弾きはじめました

ところが最後の音だけは
スタッカート

「最後だけスタッカ―トにしたの?」
「そうだよ。なんでかわかる?」

「なんだろう?」
「あのね、ころんってひっくりかえったの」

カメがひっくり返る様子が浮かんで
思わず笑っちゃいました
なんてユニークな発想!

続く
うさぎのおどりにも
またまたびっくりでした

音楽でたくさんあそんで
すでに自分の中に
歌やイメージをいっぱいもっている生徒

それらを
ピアノで表現できることが
楽しくて仕方ないんですね

ピアノで歌を奏でる
音で表現する

音楽の楽しさを存分に味わいながら
レッスンしています






[PR]
by klingmusik | 2018-01-22 20:41 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

Myアレンジは楽しい!

c0252184_942593.jpg

レッスンで
メインテキストとして使用している
ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本

『雨の中のフッシャ―どん』の曲では
全音音階を習いますが
それ以外にも楽しいことが満載です

レガートで弾く右手のオスティナートを
スタッカートにして雪のように
オクターブ高くして粉雪のように
音階を逆に弾いてみたり

イメージと奏法を結びつけ

いろいろアレンジして弾いています
例をあげながら弾いていると

生徒の方から
「こんなんもできる」

新しいアイデアが生まれてきて
自由な発想に驚かされます

クリスマスのつどいでこの曲を弾いた生徒は
今までにないようなアイデアで
私もびっくりでした

曲の最後の音から逆に弾いて(すごい!)
さかさまフッシャ―どん

倍速でパワフルに弾いて
大雨のフッシャ―どん

1オクターブ上がったり下がったりしながら
いろいろ雨のフッシャ―どん

ダンパーペダルを踏んで
池の中のフィッシャーどん

さらに冬休みに
新しいアレンジができていました

自分で作った曲
絶対上手く弾きたいので
やる気もアップ
練習もがんばれます

自由に音楽を楽しみながら
様々な奏法も習得出来て
いいことづくしです






[PR]
by klingmusik | 2018-01-15 09:49 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

全音音階をあそぶ

c0252184_1014447.jpg

ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本
2巻の「雨の中のフィッシャーどん」の曲で
はじめて全音音階を習った生徒

「めっちゃきれい~」

その響きにうっとりです

しとしと降る雨の様子が
全音音階のオスティナートで
繰り返され幻想的です

そこで
いろんな全音音階を弾いてみようと

一つの音から自分で全音音階を作ってみます

ドの音から弾いてみよう
ミの音からはじめると?

音型も上がったり下がったり

全音は半音と半音でできている
この基本さえおさえれば
自分でどこからでも弾くことができます

「半音半音で全音」と唱えながら
たくさん弾きました

これで
半音と全音の理解もばっちりです

いろいろ弾いたら今度は
楽譜に書いてみよう!

五線に自分が弾いた全音音階を書きました
「そこは半音だね。どうしたら全音になる?」

シャープをつけたり
フラットをつけたり

書いてみると
臨時記号を書く位置が
左右逆だったりずれていたり

正しい楽譜の書き方も
確認できます

書いたものをまた弾いてみます

自分で創った音階を
書いたり弾いたり
弾いた音階は美しい

とっても楽しいのです

全音音階
楽譜を見ると臨時記号の嵐で

「むずしそう…」
となることろですが

こうしてあそぶとかなり魅力的です

「全音音階っておもしろいね」
この日のレッスンの生徒のつぶやき

新しいことを学ぶとき
わくわくするような出会いであってほしいと思います






[PR]
by klingmusik | 2018-01-14 10:32 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

小学5年生からはじめるピアノレッスン

1月
新しい生徒さんをお迎えしました
小学5年生の男の子です

以前、体験レッスンを受けてくださって
その時は
「もう一つやってみたい習いごとがあり
そちらも体験してみて決めたい」

とのお返事をいただいていました

あれもこれもでなく
一つのことをという
お母さんのお考えが素敵だなと感じました

クリスマスのつどいを親子で
聴きに来てくださって
「レッスンをお願いしたい」と
嬉しいお返事をいただきました

彼が生徒たちの演奏を
とっても熱心に聴いていたので
音楽好きなんだなぁと思って見ていました

冬休み中ずっと楽しみにしていてくれたようで
待ちにまったレッスンスタートとなりました

高学年からピアノを習いはじめるというのは
珍しいのかもしれません

でも
教室の生徒のほとんどは
小学生になってからですし

お母さん方の中にも
ずっと習いたくて
大きくなってからやっと習えたという方も

管楽器の場合は
中学の吹奏楽部ではじめることが多いですね

私のまわりには
中学高校、大学と
自分の意志で音楽をはじめた人が大勢います

そして、その人たちの多くが
今も音楽が大好きで続けています

やりたいと思った時がはじめ時!

また
幼児さんだと2~3年かかることも
小学生なら半年から1年で
できてしまうことも多いのです

5年生の新人さんも
初回のレッスンで
3回分程度の内容をこなしていました

これから毎日の生活に
新しい楽しみが増えますね

今の音楽好きの気持ちを大切に
音楽と長くつき合っていけるよう
レッスンをしていきます






[PR]
by klingmusik | 2018-01-12 20:41 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

ピアノレッスン2018はじまりました

c0252184_9461249.jpg

2週間の冬休みでしたが
今週から
2018年度のピアノレッスンがはじまりました

新年度は準備物も多いので
レッスンは冬休みと言えども
事務的な作業はいろいろ

何とか完成して
レッスンスタートです

新年初レッスン
生徒たちはニコニコと
何やら嬉しそうにやってきました

「冬休みに○○練習してきた」
「~は練習できたけど、お正月はできなかってん」
「○○も弾いてみた」

冬休み中の報告をあれこれしてくれます

レッスンがお休みでも
自分で目標をもって練習できたようです

弾きたいから弾く
楽しいから弾く

前向きな気持ちが感じられて嬉しいかぎり

クリスマスのつどいで弾いた曲も
続けて練習していて
さらに磨きがかかっていました

つどいで自信をつけて
やる気もアップです

達成感こそ
次へのエネルギー

今年も楽しくがんばろうね!







[PR]
by klingmusik | 2018-01-11 09:49 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

クリスマスのつどい2017~報告②

c0252184_2312033.png

クリスマスのつどいは
演奏以外にも楽しいこといろいろ

つどいは
生徒同士はもちろん
ご家族、お越しくださったお客様との
交流の場と考えていろいろ企画しています

まず、リハーサルの時間を使って
デコレーション用のツリー作りをしました

材料だけ準備して
後は生徒たちにお任せです

弟くん、妹さんも楽しく参加
人数少ないのでツリーを1本にしたところ
すごく盛りだくさんの飾りに!
2本にすればよかった…

c0252184_23161324.jpg

和気あいあいと
本番前のコミュニケーションタイム

3部のクリスマスクラフトでは
トランスパレント紙で
クリスマスツリーを作りをしました

それぞれ好きな色を選びながら
いろんな色の光を集めて
トランスパレント紙を重ねていくと
思いがけない色が生まれます

色の体験は
音楽を豊かにしてくれますね

c0252184_23193072.jpg

毎年行うクリスマスカードの交換も
生徒たちのお楽しみ

素敵な手作りのカードがあったり
温かいメッセージか書いてあったり
みんな嬉しそうにカードをながめていました

最後は私からのお菓子と小さなプレゼント
クリスマスは美しいものを選びます
折り紙のクリスマスツリーも添えました

そして今年も
お菓子を作ってくださったのは
CamomillaのYumikoさん
体にやさしい安心で美味しいお菓子です

今年も生徒たちと一緒に
楽しいことをいろいろ企画して準備して
クリスマスのつどいを迎えました

本番はもちろんですが
準備の期間もとても大切な時間です

たくさんの方のお力添えで
今年も楽しく終了できましたこと
心より感謝いたします








[PR]
by klingmusik | 2017-12-29 23:22 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

クリスマスのつどい2017~報告①

c0252184_12699.jpg

ピアノの発表会『つどい』は
日々のレッスンの延長にある
ちょっと特別な日

いつも楽しむ気持ちをもって
レッスンして練習して
本番を迎える生徒たち

集ってくださった方とご一緒に
音楽で楽しいひと時を過ごします


Ⅰ部はソロコンサート

ちょっぴり緊張しつつも
堂々とステージに出ていき
ピアノに向かうと集中して
自分の世界へ入っていく生徒たち

不安を感じさせない弾きっぷり
自分の音楽を奏でているんですね

弾き終わってにこにこと戻ってくる
生徒たちは本当に嬉しそう

毎月のグループレッスンの
クラスコンサートで演奏していることも
ステージの演奏につながっています

小さなことの積み重ねだけれど
こうしてつどいで演奏すると
その成果の大きさを感じます

Ⅱ部はアンサンブルでクリスマスです

グループレッスンで取り組んできた
鍵盤ハーモニカのアンサンブル

毎月少しずつ練習して
ピアノのレッスンでも吹いて
アンサンブを楽しめるところまで到達

1年生の生徒がリハーサルを聴いて

「おっかけっこになってる!」

その1年生はFamilyでアンサンブル
親子音楽クラスの妹さんも
Myリコーダーをもってきて
一緒に吹いてくれました

親子連弾は小3Boyとお母さん
お家での練習がとっても楽しかったそうで
素敵な時間が生まれて良かったですね

高学年の生徒は連弾とベル
少ない練習できっちり仕上げたのはさすがです
助っ人の中学生も頼もしい限り

人数少ないので私も
一緒に楽しませてもらいました

全員でのジングルベルも
自分の好きな楽器を手にして
なんだかめいっぱい楽しんでる
3才さんも飛び入りで参加しました

最後はいつも
会場のみなさまとご一緒に歌を歌います
のびのび歌える雰囲気もできてきました


つどいを終えるたびに感じるのは
続けることの大切さ

会を重ねるごとに
少しずついろいろなことが
変化しながら熟成していきます

これからも小さなことをこつこつと
生徒たちと共に歩んでいきます

c0252184_161541.jpg










[PR]
by klingmusik | 2017-12-28 23:58 | ピアノ | Trackback | Comments(0)