カテゴリ:ピアノ( 188 )

1年生のピアノ体験レッスン

c0252184_11454061.jpg

先週
小学1年生の女の子の体験レッスンでした

音楽は全くはじめてということでしたが
ピアノを習いたいという意志が
はっきりあっての体験レッスンでした

音楽レッスンがはじめての場合は
音あそびをふんだんに取り入れて
音楽って面白そうって感じてもらうことから

できるかな
おもしろそう
やってみたい

から

楽しい!へ

最初こそ緊張気味でしたが
だんだんほぐれてきて
笑顔がいっぱい

受け答えもしっかりと
楽しく参加してくれました

はじめて会う大人とレッスンですから

何もかもがはじめて尽くしで
ドキドキしますよね

一緒にレッスンできて
嬉しかったです
ありがとう!

お母さまとは
体験レッスンの内容をご説明して
(遊んでるようにみえますからねー)

私がレッスンで大事にしていることも
お話しさせていただき

もちろん
疑問やご心配な点についても
お応えして

体験レッスンは終了です

翌日
ご入会のお返事をいただき
来月からレッスンが始まることに

新しい生徒さんをお迎えして
私にとってもまた

わくわくドキドキの
はじめてのレッスンです





[PR]
by klingmusik | 2017-09-20 22:12 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

耳を使ってスラースタッカートの練習

c0252184_1715748.jpg

小さい人のレッスンでは
言葉での説明は最小限にして
耳と目を使います

はじめてスラーを習った
小1の生徒のレッスンでも

「よく見てね」
「よく聴いてね」

私が弾くのを見て聴いて
真似をする

実践あるのみです

まだピアノを弾きはじめて
半年にもならない生徒ですが

スラースタッカートの
音の切れ方に
ものすごくこだわって

何度もなんども繰り返していました

耳を使いながら
音と指先の感覚を
体で覚えていくしかないので

わかるまで
一緒に練習します

小さい人のレッスンで大事な事は
一緒にエクササイズすること

これは以前
ウィーンからいらした先生とお話した時にも
先生が強調しておっしゃっておられたこと

上手くいったときには
すかさず

「きれい!」
「いいね!」

と声がけします

フゥと
大きなため息をついて
「むずかしいね」

ドレとドシのたった二音
こだわりなく弾いてしまえば
何でもないことかもしれません

それを難しいと感じられることが
素晴らしい!

しっかり自分の音が聴けている証

聴けて音の違いがわかっていれば
お家でも一人で練習ができます

こう弾くのよと
形だけ真似ができても不十分

自分が求める音がしっかりあって
自分の出した音が
本当にそうなっているのかを
耳で聴きとれて初めて音楽になります

音の数が少ない
習いはじめのこの時期に

音に対するイメージをもって弾く習慣
音にこだわって聴く習慣

何よりも大事にしたいですね


楽しく本気で
将来につながるピアノレッスン

只今生徒募集中です
体験レッスンご希望の方は
お気軽にお問合せください


お申込・お問合せ
お気軽にお問合せください
教室お問合せフォームはこちら→
または、klingklang★music.plala.or.jp (★を@に変えてください)






[PR]
by klingmusik | 2017-09-19 20:54 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夏休みレパートリー表で達成感

レッスンがお休み中も
自発的に練習できるようにと
生徒たちに出した宿題が

レパートリーを増やそう!

夏休みレパートリー表に
自分で選んだ曲を書いて練習

9月最初のレッスンで
成果を披露してもらいました

5曲以上が条件でしたが
それぞれ6曲から
多い生徒は10曲

曲の選び方もそれぞれで
個性が見え隠れしていました

「書いてないけど○○も□□も弾いたー」
という生徒も

夏のつどいで歌った
「ドレミの歌」を
練習していた生徒が何人かいて

つどいで取り組んだことが
次につながっていて
嬉しくなりました

みんなちょっとした
ソロコンサートのよう

小さな曲でも
全てを暗譜で弾きとおすって
なかなかの集中力を要します

曲ごとの気持ちの切り替え
テンポやキャラクターの準備

途中で深呼吸したりもしながら
気持ちを保って

弾き終えた後の表情は
みんな達成感でいっぱいです

この達成感こそが
次への原動力

弾き切った自信も
きっと
今後の大きな力になります

自力で練習していたので
上手くいっていること
不足していることなど

いろいろなことも見えて
私の気づきもありました

みんなよくがんばりました!






[PR]
by klingmusik | 2017-09-14 21:51 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夢の中の生徒たち⑭~いろんな音

c0252184_16131894.jpg

「ピアノっていろんな音がでる!」

ピアノを習って3ヶ月の生徒

弾けるようになった曲を使って
ポジションを上げたり下げたり
強弱を変えたりしながら

くまのいばりやマーチ
ことりのぴょんぴょんマーチ

などなど
いろいろ弾いていたときのことでした

「そうだよねー。
弾くところや弾き方で全然違う音がするね」

「おもしろ~い」

生徒が音と戯れて
幸せそうにしている姿を見ると
本当に嬉しくなります

導入期のレッスンでは

ピアノで
いろんな音が作りだせるということを
体験しながら

音の違いをキャッチする耳と感性を
育んでいます

ここからいろいろなことがはじまります







[PR]
by klingmusik | 2017-08-21 22:10 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

ピアノの夏休みの宿題~レパートリーを増やそう!

c0252184_23351886.jpg

夏休み前半のレッスンは今日で終了です
ピアノも少し長めの夏休みに入ります

楽しいことがいっぱいの夏休み
時間もたっぷりあるので
ピアノもたくさん弾いてもらいたい

そこで
生徒たちには宿題を出しました

「レパートリーをふやそう!」

メソード期の生徒たちは
新しいことを一つずつ学びながら進めていくため
夏休み中にテキストの曲を進めることは難しいので

今までに習った曲から
お気に入りの曲を選び

楽しみながら
さらに完成度も高めつつ
たくさんの曲を弾くことにチャレンジです

夏休みレパートリー表を作り
練習したい曲を書いてもらいました

今までに弾いた曲や
学校の音楽で習った曲など

とりあえず5曲選んで
できそうなら増やすことにしました

宿題を伝えた時の反応は様々

「やったー!何曲でもいいん?」
「えー?!できるかなぁ~」
「おもしろそうー」
「○○の曲でもいい?」

基本的になんでもOK

自分で決めてやりきることを
目標にしています

以前
この宿題にトライしていた生徒たちは
力をつけて自信もつけて
その後ぐんと伸びました

9月最初のレッスンで発表する予定です
みんな楽しくがんばってね

私も一緒にトライします








[PR]
by klingmusik | 2017-08-09 23:55 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夢の中の生徒たち⑬~ドレミの歌

c0252184_1435492.jpg

先日の夏のつどいで
デビューした1年生さん

レッスンに来るなり
持参したノートをめくりながら

「どれみのうたかいてきた!
 ぴあのでひこうとおもったの」

いろんな絵がいっぱい書いてあるノートを
ぱらぱらしながら

「あった!」

開いたページを見てびっくり
見開きにびっしりとひらかなで

どーれみどみどみ れーみふぁふぁみれふぁ~

と書いてあるではありませんか

「おぉ、すごい!」

まだ楽譜は読めないし書けない彼女
つどいで歌ったドレミの歌を弾きたくて
自分で音をさがして書いたみたい

すっごく嬉しそうに弾きはじめ
そのパワーに圧倒されながら
最後まで聴きました

「弾きたい!」
気持ちがあふれていて
まぶしいです

これから一つひとつ
たくさんのことを学んでいくわけだけれど

自分で弾きたいものを
弾こうとする気持ちは
すごく強みになると思います






[PR]
by klingmusik | 2017-07-13 20:03 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夏のつどい後のレッスン~達成感

c0252184_107157.jpg

夏のつどいが終わって一週間のお休みの後
レッスンにやってきた生徒たちは
なんだかとっても楽しそう

私から○○賞とメッセージを書いた
カードを手渡すと
はにかみながらも嬉しそう

一人ひとりの演奏の良かったところを

カンタービレ賞や
ナイス・アレンジ賞
楽しいドラム賞など

考えるのも楽しいです

生徒たちは新しく練習した曲を
もってきましたが

その前につどいで弾いた曲を
また楽しそうに弾いていました

終わってからもずっと弾いているみたい

つどいで納得いく演奏ができたのが
よくわかります

この達成感や満足感こそが
次への大きな原動力

本気で音楽と向き合って
音楽で満たされてこそ

本当の楽しさや喜びも
感じられるのですね

そんな生徒たちの姿に
私もパワーをもらっています





[PR]
by klingmusik | 2017-07-11 10:18 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夏のつどい2017を終えて~小さな発表会を開く③

c0252184_8484917.jpg

7月がはじまりました
今年も後半戦です

小さな発表会のご報告番外編

教室のつどいでは

生徒同士の交流
集ってくださった方と
音楽で楽しいじかんを作ることを
大切にしています

夏のつどいでは

リハーサルの待ち時間を利用して
デコレーション用の
七夕飾り作り

お家で作ってきてもらったものに加えて
会場でも熱心に作る生徒たち

小さい人も参加したり
本番前にほっこりと
コミュニケーションタイムです

そして
毎回一緒につどいを盛り上げてくださる
音のきょうしつくりんくらんの仲間
Mさんの歌のコンサート

今回は歌に加えて
スイミーの音楽絵本も

音あそび感覚で
小さな曲を入れています

前のめりで見ている小学生
3才さんも楽しんでくれてよかった

コンサートの後は
みんなでわらべうたあそびでした

小5Boyもまだまだ楽しいわらべうた

「たのしーい!」

笑顔がいっぱいで
小さいお友だちも一緒に
大盛り上がりで
つどい終了でした

つどいの楽しい体験は
生徒も私も
また次への原動力に!

長々報告におつき合い
ありがとうございました

小さな発表会はいかがでしたか

音楽で楽しいつどい
次はクリスマスです

c0252184_849687.jpg








[PR]
by klingmusik | 2017-07-03 08:59 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夏のつどい2017を終えて~小さな発表会を開く②

c0252184_85912100.jpg

教室のつどいは
ソロとアンサンブルの部の2部制ですが

どちらを先にするかもその時々
生徒の様子やプログラムを考慮して

今回はアンサンブルが先でした

オープニングは
ミュージックベルの「はじまりチャイム」
小さい生徒たちの担当です

緊張から
上手く息が合わず
「はじまらないよ~」
となることもありますが
そのへんはご愛敬

今回のアンサンブルは

鍵盤ハーモニカアンサンブル「かっこう」
リコーダーとグロッケンの「もういいかい」
ピアノ連弾「Rain Play」
ピアノと鍵盤ハーモニカ「天使の合唱(ブルクミュラー)」

私も一緒に参加させてもらって
楽しみました

クリスマスには
ここにFamilyが加わります

毎月のグループレッスンで
少しずつ練習してステージへ

本番まで
ハラハラドキドキすることもありますが
「誰かと一緒に音楽する」を
楽しむことを一番にしています

1年生の生徒と私のアンサンブル
「もういいかい」

何回くり返すかはその時次第

グロッケンの生徒が
「もういいよ」と鳴らすまで続きます

本番では「ドミミレ~」を
なんと

オクターブ上げたり下げたりしながら
「ド(低い) ミミ(高い) レ~(低い)」

それもいろいろなパターンで鳴らして
びっくり!

練習でもリハーサルでも
したことなかったので

「え~それ本番でやりますか?!」

もう楽しくって笑っちゃいました
その場で音楽を楽しんでいる1年生さん
ライブですね

アンサンブルはこんな調子で
毎回いろいろあって
とっても面白いのです

そして最後には
いつも全員でうたを歌います

今回選んだのは
「ドレミの歌」

最初のソロの部分を
ゲストのMさんに歌っていただき
ミュージカル風に

ミュージックベルも入れて
とっても盛り上がって
コンサート終了でした

歌は練習ではすごく
ノリノリで歌っていても
本番で恥ずかしくなって
声が小さくなってしまうこともあるのですが

今回はミュージックベルのおかげか
ドレミの歌のおかげか
しっかり声もでてよく歌えたのでした

よかったよかった

次は番外編です


c0252184_8582840.jpg









[PR]
by klingmusik | 2017-06-29 09:11 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夏のつどい2017を終えて~小さな発表会を開く①

教室のつどいが終わると

この数カ月間の準備を振り返り
生徒たちの成長と今後の課題など
あれこれ考えることがたくさん

音のきょうしつくりんくらんの
教室のつどいは
ソロとアンサンブルの2部制です

余裕がある時は
クラフトやわらべうたあそびもしています

生徒の人数が少ないと
発表会は無理と思われがちですが

今回は何と8人?!

人数が少ないからこそ
いろいろできることもあり
工夫次第で
バリエーションに富んだ内容になります

今回もゲストのMさんから
「人数少なくても
 すごく聴きごたえあって楽しかったわ」
と嬉しいご感想

ソロでは
日頃のレッスンをベースにして
選曲しているので

小さい生徒は
テキストの曲が中心です

それでも
弾きこんでいく中で
くり返しを入れたり
アレンジを加えたり

以前に弾いた曲を組み合わせて
演奏したりと

無理せず
バリエーションに富んだ
プログラムを組むことができます

小さい生徒たちは
結構ぎりぎりに曲が決まって

それでも直前に
「これも弾きたい」
がでることも…

今回も1週間前に
1曲追加した生徒が

少し大きい生徒や
中学生はチャレンジもありです

習いはじめて2ヶ月の1年生さんも
立派にデビューしました

たった8小節の曲でしたが
ポジションを変えながら
4回も繰り返していくと
結構なボリュームです

音で表現することを
求めてレッスンしていると

どんな小さな曲や
やさしい曲でも
生徒たちは
本当に心を込めて演奏するようになって

それが聴いてくださる人に伝わるのが
一番嬉しいことです

保護者の皆さまも
このことをよくご理解くださって

一人ひとりの演奏を聴いてくださるので
ますます嬉しくなります

お楽しみのアンサンブルの部については
また次回に





[PR]
by klingmusik | 2017-06-27 16:20 | ピアノ | Trackback | Comments(0)