カテゴリ:ピアノ( 184 )

夢の中の生徒たち⑬~ドレミの歌

c0252184_1435492.jpg

先日の夏のつどいで
デビューした1年生さん

レッスンに来るなり
持参したノートをめくりながら

「どれみのうたかいてきた!
 ぴあのでひこうとおもったの」

いろんな絵がいっぱい書いてあるノートを
ぱらぱらしながら

「あった!」

開いたページを見てびっくり
見開きにびっしりとひらかなで

どーれみどみどみ れーみふぁふぁみれふぁ~

と書いてあるではありませんか

「おぉ、すごい!」

まだ楽譜は読めないし書けない彼女
つどいで歌ったドレミの歌を弾きたくて
自分で音をさがして書いたみたい

すっごく嬉しそうに弾きはじめ
そのパワーに圧倒されながら
最後まで聴きました

「弾きたい!」
気持ちがあふれていて
まぶしいです

これから一つひとつ
たくさんのことを学んでいくわけだけれど

自分で弾きたいものを
弾こうとする気持ちは
すごく強みになると思います






[PR]
by klingmusik | 2017-07-13 20:03 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夏のつどい後のレッスン~達成感

c0252184_107157.jpg

夏のつどいが終わって一週間のお休みの後
レッスンにやってきた生徒たちは
なんだかとっても楽しそう

私から○○賞とメッセージを書いた
カードを手渡すと
はにかみながらも嬉しそう

一人ひとりの演奏の良かったところを

カンタービレ賞や
ナイス・アレンジ賞
楽しいドラム賞など

考えるのも楽しいです

生徒たちは新しく練習した曲を
もってきましたが

その前につどいで弾いた曲を
また楽しそうに弾いていました

終わってからもずっと弾いているみたい

つどいで納得いく演奏ができたのが
よくわかります

この達成感や満足感こそが
次への大きな原動力

本気で音楽と向き合って
音楽で満たされてこそ

本当の楽しさや喜びも
感じられるのですね

そんな生徒たちの姿に
私もパワーをもらっています





[PR]
by klingmusik | 2017-07-11 10:18 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夏のつどい2017を終えて~小さな発表会を開く③

c0252184_8484917.jpg

7月がはじまりました
今年も後半戦です

小さな発表会のご報告番外編

教室のつどいでは

生徒同士の交流
集ってくださった方と
音楽で楽しいじかんを作ることを
大切にしています

夏のつどいでは

リハーサルの待ち時間を利用して
デコレーション用の
七夕飾り作り

お家で作ってきてもらったものに加えて
会場でも熱心に作る生徒たち

小さい人も参加したり
本番前にほっこりと
コミュニケーションタイムです

そして
毎回一緒につどいを盛り上げてくださる
音のきょうしつくりんくらんの仲間
Mさんの歌のコンサート

今回は歌に加えて
スイミーの音楽絵本も

音あそび感覚で
小さな曲を入れています

前のめりで見ている小学生
3才さんも楽しんでくれてよかった

コンサートの後は
みんなでわらべうたあそびでした

小5Boyもまだまだ楽しいわらべうた

「たのしーい!」

笑顔がいっぱいで
小さいお友だちも一緒に
大盛り上がりで
つどい終了でした

つどいの楽しい体験は
生徒も私も
また次への原動力に!

長々報告におつき合い
ありがとうございました

小さな発表会はいかがでしたか

音楽で楽しいつどい
次はクリスマスです

c0252184_849687.jpg








[PR]
by klingmusik | 2017-07-03 08:59 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夏のつどい2017を終えて~小さな発表会を開く②

c0252184_85912100.jpg

教室のつどいは
ソロとアンサンブルの部の2部制ですが

どちらを先にするかもその時々
生徒の様子やプログラムを考慮して

今回はアンサンブルが先でした

オープニングは
ミュージックベルの「はじまりチャイム」
小さい生徒たちの担当です

緊張から
上手く息が合わず
「はじまらないよ~」
となることもありますが
そのへんはご愛敬

今回のアンサンブルは

鍵盤ハーモニカアンサンブル「かっこう」
リコーダーとグロッケンの「もういいかい」
ピアノ連弾「Rain Play」
ピアノと鍵盤ハーモニカ「天使の合唱(ブルクミュラー)」

私も一緒に参加させてもらって
楽しみました

クリスマスには
ここにFamilyが加わります

毎月のグループレッスンで
少しずつ練習してステージへ

本番まで
ハラハラドキドキすることもありますが
「誰かと一緒に音楽する」を
楽しむことを一番にしています

1年生の生徒と私のアンサンブル
「もういいかい」

何回くり返すかはその時次第

グロッケンの生徒が
「もういいよ」と鳴らすまで続きます

本番では「ドミミレ~」を
なんと

オクターブ上げたり下げたりしながら
「ド(低い) ミミ(高い) レ~(低い)」

それもいろいろなパターンで鳴らして
びっくり!

練習でもリハーサルでも
したことなかったので

「え~それ本番でやりますか?!」

もう楽しくって笑っちゃいました
その場で音楽を楽しんでいる1年生さん
ライブですね

アンサンブルはこんな調子で
毎回いろいろあって
とっても面白いのです

そして最後には
いつも全員でうたを歌います

今回選んだのは
「ドレミの歌」

最初のソロの部分を
ゲストのMさんに歌っていただき
ミュージカル風に

ミュージックベルも入れて
とっても盛り上がって
コンサート終了でした

歌は練習ではすごく
ノリノリで歌っていても
本番で恥ずかしくなって
声が小さくなってしまうこともあるのですが

今回はミュージックベルのおかげか
ドレミの歌のおかげか
しっかり声もでてよく歌えたのでした

よかったよかった

次は番外編です


c0252184_8582840.jpg









[PR]
by klingmusik | 2017-06-29 09:11 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夏のつどい2017を終えて~小さな発表会を開く①

教室のつどいが終わると

この数カ月間の準備を振り返り
生徒たちの成長と今後の課題など
あれこれ考えることがたくさん

音のきょうしつくりんくらんの
教室のつどいは
ソロとアンサンブルの2部制です

余裕がある時は
クラフトやわらべうたあそびもしています

生徒の人数が少ないと
発表会は無理と思われがちですが

今回は何と8人?!

人数が少ないからこそ
いろいろできることもあり
工夫次第で
バリエーションに富んだ内容になります

今回もゲストのMさんから
「人数少なくても
 すごく聴きごたえあって楽しかったわ」
と嬉しいご感想

ソロでは
日頃のレッスンをベースにして
選曲しているので

小さい生徒は
テキストの曲が中心です

それでも
弾きこんでいく中で
くり返しを入れたり
アレンジを加えたり

以前に弾いた曲を組み合わせて
演奏したりと

無理せず
バリエーションに富んだ
プログラムを組むことができます

小さい生徒たちは
結構ぎりぎりに曲が決まって

それでも直前に
「これも弾きたい」
がでることも…

今回も1週間前に
1曲追加した生徒が

少し大きい生徒や
中学生はチャレンジもありです

習いはじめて2ヶ月の1年生さんも
立派にデビューしました

たった8小節の曲でしたが
ポジションを変えながら
4回も繰り返していくと
結構なボリュームです

音で表現することを
求めてレッスンしていると

どんな小さな曲や
やさしい曲でも
生徒たちは
本当に心を込めて演奏するようになって

それが聴いてくださる人に伝わるのが
一番嬉しいことです

保護者の皆さまも
このことをよくご理解くださって

一人ひとりの演奏を聴いてくださるので
ますます嬉しくなります

お楽しみのアンサンブルの部については
また次回に





[PR]
by klingmusik | 2017-06-27 16:20 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夏のつどい2017~終了しました

c0252184_2221351.jpg

本日
生徒たちの小さなコンサート
夏のつどいが
無事終了いたしました

「音で伝える」を大切にして
日々レッスンしてきました

温かい雰囲気の中
のびのびと精一杯演奏する姿を
本当に嬉しく感じました

アンサンブルも
とっても楽しそうで

その楽しい気持ちが
聴いてくださる方にも伝わって
笑顔がいっぱい

素敵な演奏ありがとう

雨の中
お越しいただきました皆さま
ありがとうございました

保護者の皆さまをはじめとして
たくさんの方に支えられて

今回の夏のつどいも
開催できましたこと
心より感謝いたします





[PR]
by klingmusik | 2017-06-25 22:05 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夏のつどいに向けて~なりきる②

c0252184_1051278.jpg

夏のつどい
同じくピーターラビットピアノ教本から
『丘をこえてはるかな国へ②』を弾くY君

3拍子で8分音符リズムも楽しい
ダンスの曲です

命からがら逃げきった
ピグウィグとピグリンが踊る
喜びのダンス!

3拍子にのって
「もっと楽しく!もっとうれしく!」

どんどん気持ちものってきて
演奏もエキサイトしていきました

ちょっとくらい転んでも
ドンマイ!

「せっかく楽しいダンスやから
もうちょっと長くしてみない?」

くり返しを提案したところ
自分でいろいろ試しながら

なんと曲の途中からくり返し
また最初にもどるというパターンを
考えだしました

「わぁ、いいね!」

の一言で
モチベーションもアップ

直前の変更もなんのその
自分でアレンジして弾くと
もっと楽しいよね

楽しいダンス期待しています






[PR]
by klingmusik | 2017-06-21 10:59 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

夏のつどいに向けて~なりきる

c0252184_2115495.jpg

夏のつどいで
ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本から
『ハンカ・マンカのいたずら』を弾く小3Boy

ハンカ・マンカが登場する
「2ひきのわるいねずみのおはなし」は
2ひきのいたずらねずみが
人形の家に忍び込んで大暴れするおはなし

お話を読んで
イメージも膨らませて
練習を進めてきました

なかなかスリリングでドラマチックな曲ですが

彼のハンカ・マンカは
テンポ感もバランスも良いけれど
ちょっとお行儀のよいねずみです

そこで

「ハンカ・マンカってどんなねずみ?」

「むっちゃ悪い!人形の家で…」

「Iちゃんは本当はとっても良い子なんだけどね
この曲はハンカマンカみたいに
うんといたずらっこになって弾いてみて」

ふふふと笑いながら
思いきり暴れん坊のハンカ・マンカに変身

もちろんそのための
テクニックは指導して
欲しい音が出るようにしますが

まず
「こう弾きたい」
という気持ちがないと
音楽は生まれてきません

なりきって弾く
表現しようとする気持ちをもって弾く

子どもたちがピアノを弾く時
いつもこのことを大事にします

「いたずらなハンカ・マンカになって弾く」

本番でもできるかな?







[PR]
by klingmusik | 2017-06-20 21:49 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

今年もピティナステップにチャレンジ

c0252184_17182996.jpg

5月に中学生が一人
ピティナステップに参加しました

奈良学園前ステップが
思いの外早くに定員になってしまい(泣)
京都での参加となりました

小4の時に初めて参加して
毎年ステップアップしながら
今年で4回目

大きなステージで演奏することで
着実に成長しています

中学生になって忙しいけれど
時間のやりくりもしながら
本当によく頑張っています

「音楽が好き」の気持ちが
彼女を支えていると感じています

今回もアドヴァイザーの先生方から
こだわって練習してきた点を
評価していただき
また一つ自信になったことでしょう

そして、今の課題も見えてきます

教室のつどい(発表会)は
人数も少なくアットホームなコンサート

生徒たちは習いはじめから
お友だちやご家族
親しい方たちに見守られながら
のびのびと演奏する経験を積んでいます

人前で演奏する楽しさや
聴いていただく喜びを感じるようになり
さらに大きなステージを経験したい時には

さらなるステップアップを目指し

ピティナステップや
外部のコンサート
コンクールなどに
チャレンジしてもらっています

音響の素晴らしいホールや
素晴らしいピアノで演奏すること
いつもとは違う環境で
自分を表現することで
学ぶことはとても大きいです






[PR]
by klingmusik | 2017-06-07 20:17 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

ピアノ導入レッスンのレクチャー

昨年からお受けしている
大人の方のレッスン

教室のつどいを聴きに来てくださって
子どもたちの演奏に興味を持ってくださいました

その後

ピアノの導入レッスンや
子どもたちへのアプローチの仕方
音あそび、わらべうたを習いたいと
お声をかけていただき

私でお役に立つならばと
定期的に個人レクチャー
させていただいています

親子音楽クラスやグループレッスン
導入レッスンで行っている
わらべうたや音あそび

それぞれのあそびの目的や使い方
使用している楽器や小物、絵本の紹介etc…

まずは体験していただくのが一番なので
実際に動いていただきながら解説

大人二人っきりですが
かなり楽しくやっています

今月からは
ピアノのレッスンも受けてくださっています

自分が弾くと教えるでは
大違いですものね

レクチャーを受けてくださってのご感想

「すごく楽しいです!
子どもの頃こんな風に習えたらよかったのに
とても参考になります
すごくいろんなバリエーションがあるんですね
もっと引き出しをいっぱい作りたいです」

音楽を専門に勉強された方ですが
今は子どものお料理教室もなさっていて
そこに音楽も取り入れていらっしゃいます

子どもたちの合唱のアシスタントも始められて
これから音楽活動にも力を入れたいとのこと

お料理も音楽も
子どもの五感を育んでくれますね

子どもたちと一緒に楽しい時間を
創っていただけたら嬉しいです
そして、ご自身の音楽も楽しんでくださいね

こうしてレクチャーさせていただくことは
これまでのレッスンを
再確認し整理する作業でもあり
私自身にとっても貴重な学び直しの時間です







[PR]
by klingmusik | 2017-05-30 20:48 | ピアノ | Trackback | Comments(0)