カテゴリ:音楽( 44 )

ベートーヴェンヴァイオリンソナタ演奏会

c0252184_10435220.jpg

先週土曜日は
ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全曲演奏会へ

ヴァイオリンはアメリカ在住のヴァイオリニスト
レイ・イワズミ氏
ピアノは野山真希さん

全3回の第2回目
この日は第3番8番9番クロイツェルでした
久しぶりにがっつりベートーベンを聴きました

広いホールではなくサロンだったので
演奏者の方の息づかいも直に伝わり
ぐんぐん惹きこまれます

目の前で繰り広げられる
スケールの大きいパッション溢れる演奏に
酔いしれて心地よい疲労感

ピアノとヴァイオリンが寄り添ったり
激しく競い合ったりと
一体感のあるアンサンブルも素晴らしく
ソロとはまた違ったベートーヴェンの世界を堪能しました

素晴らしい音楽を聴いている時って
別の世界にいて
まるで時間が止まっているみたい

演奏が終わった瞬間
夢から覚めたような不思議な感覚です

すぐに電車に乗る気にはなれず
近くのカフェでコーヒー飲みつつ
余韻に浸っていました

体力も集中力も足りないけど
ベートーヴェン弾きたくなってうずうず








[PR]
by klingmusik | 2017-03-10 10:58 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ちっちゃな音楽会~終了しました

c0252184_1514478.jpg

12月最初の土曜日
ちっちゃな音楽会Vol.2
たくさんの親子さんにお越しいただき
楽しく終了しました

5ヶ月の赤ちゃんから幼児さんに小学生
そして、大人まで
みんなで一緒に音楽を楽しみました

オープニングは
グロッケンのやさしい音できらきら星を

すーっと空気が集中していく中
踊ろう楽しいポーレチケ

楽しいワルツのリズムにのりました
この曲子どもの頃から大好きですが
最近の子どもたちは知らないそう

季節の子どものうた
クラシックも少し

後半はクリスマス・ステージ
ジングルベルでにぎやかに
はじまりはじまり

「わぁ、知ってる!」とばかりに
曲に合わせて体が動き出す子どもたち
持ってきてもらった楽器で
一緒にアンサンブルも楽しみました

お家で「何をもっていこうかなぁ」と
当日までの時間も楽しんでもらえたらと
楽器の準備をお願いしていました

赤鼻のトナカイやろうそくパッのうたで
手あそびしたり
いっぱい参加してもらいながらのコンサート

クリスマスキャロルは
オルガンの音色で伴奏してみました

ちょっと厳かな雰囲気を
楽しんでいただけたかな?

ミュージックパネルでは
体が前のめりになって
次々登場する動物たちにくぎ付けでした

最後はおめでとうクリスマスをご一緒に歌って
華やかにフィナーレ

大人お一人でお越しくださった方もいらして
本当に赤ちゃんから大人まで
みんなで楽しむ音楽会になりました

聴きに来てくれた友人が
「二人が演奏を楽しんでいて
聴いている私たちも楽しい気分になった」
と言ってくれて

一番楽しんでいたのは私たち?

集ってくださったみなさま
ありがとうございます

どうぞ素敵なクリスマスをお迎えください
メリークリスマス

c0252184_15222513.jpg








[PR]
by klingmusik | 2016-12-12 21:13 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

良原リエさんトイ楽器ライブ

c0252184_22293495.jpg

10月最後の日曜日
ならまちにあるNAOT NARAさんで開催された
良原リエさんのライブを聴きに行ってきました

トイミュージックを調べている時に
良原リエさんのことを知って
CDも手に入れて聴いていたのですが
まさか奈良で生の演奏を聴けるとは!

しかも直前に偶然ライブのことを知って
ぎりぎり申込セーフ
当日は満席でした

お店の奥のスペースがライブ会場
親子向けのライブだったので
かわいい親子連れがいっぱいです
大人ひとりでかなり場違いな私

でもやっぱりお一人の方お仲間がいて
内心ほっ、楽しくおしゃべりしました

最初に楽器作りのワークショップがあり
かわいいマラカスとカズ―が完成
子どもの発想って自由ですごいわ
私は興味津々で見学です

子どもたちは作ったMy楽器でライブに参加
嬉しくって鳴らしちゃうのもご愛敬

ライブは
それはそれは楽しくて

いろいろなトイ楽器を駆使しながら
よく知っている童謡や歌を
おしゃれに演奏してしまう良原リエさんに
一人秘かに感動しておりました

親子向けライブでしたが
子どもに媚びない大人の音楽家で素敵すぎ

本当に楽しい音楽は
大人も子どもも関係ないなぁと感じたのです

c0252184_22321024.jpg







[PR]
by klingmusik | 2016-11-11 22:43 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

室内楽練習見学

台風接近で雨の三連休

大学時代の友人から
室内楽のコンサートの案内をもらいましたが
残念ながら聴きに行けないので
譜めくりがてら直前練習におじゃましてきました

大阪市内の公共施設でしたが
録音スタジオにもなっている立派な音楽室
グランドピアノ状態も良く
なんて羨ましい!

曲はピアノ五重奏曲「ます」
いいなぁ、シューベルト

ロマンティックになりすぎず
かと言ってあっさりしすぎず

その加減がすごく難しいです
あの美しさの秘訣は何だろう…

なつかしい友人たちに久しぶりに会って
弦楽器のアンサンブルにもどっぷり浸って
楽しいひと時でした

こうして音楽を続けている仲間に会うと
本当に励まされます

心が疲れている時は
やっぱり音楽が一番


台風一過で
急に涼しくなりました

夏の暑さにへとへとでしたが
そろそろ動きださなくちゃあ






[PR]
by klingmusik | 2016-09-23 23:11 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンリサイタルを聴きに

c0252184_10143061.jpg

教室の夏のつどい、ちっちゃな音楽会
家族の用事もあれこれあって

バタバタと7月が過ぎて
気づけば今日から8月です

しかし
自分のためのお楽しみの時間もしっかりと

先々週の土曜日
江口純子さんのヴァイオリンリサイタルを聴きに
府民ホール・アルティへ出かけました

向かいには京都御所
お隣は金剛能楽堂
京都市内の落ち着いた場所にあるホールです

最初の曲は
シューベルトのピアノとヴァイオリンのためのロンド

ヴァイオリンの音とピアノの音が一体となって溶け合い
ホールに響き渡ります

続くブラームスのピアノ3重奏曲は
絡み合う3つの楽器の響きに
どっぷり浸って酔ってしまいそう
チェロの深い響きがとても素敵です

最後はプロコフィエフのヴァイオリンソナタ
この曲は初めて聴きました
緊迫感となんとも言えない退廃的な雰囲気が
結構好きかも…


瑞々しくのびやかな演奏がとても印象的でした
かなり重厚なプログラムでしたが
ぐんぐん進んでいく推進力のある演奏に
惹き込まれながら聴かせていただきました

共演の方々も素晴らしく
是非ソロの演奏もお聴きしてみたいです

アンコールのピアソラは
またお三人で会場も巻き込んで熱く盛り上がり

最後は
ラフマニノフのパガニーニのテーマによる狂詩曲から
第18バリエーション
心に染み入るメロディに涙がこぼれそうに

心を満たされたリサイタルでした


この日は土曜日のお昼間とあってか
客席には小学生と思われるお子さんの姿も多く

この本格的なプログラムを
しっかりと聴いていたのに驚きました
コンサートを聴き慣れている子どもたちなんでしょうね

京都市内はホールも多く文化的な活動も盛ん
子どもたちもコンサートを聴く機会に恵まれていて
素晴らしい環境だと思います







[PR]
by klingmusik | 2016-08-01 10:50 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ちっちゃな音楽会~終了しました

c0252184_10172995.jpg

暑い暑い海の日の昨日
ちっちゃな音楽会

はじめましての方やおひさしぶりの方
いつもいっしょに音楽をしている親子さん

50人を超えるみなさまにお集まりいただき
無事終了いたしました

初めての試みで
ワクワクドキドキでしたが

赤ちゃんも小さい人も
大人の方もみんなで

一緒に歌ったり
わらべうたであそんだり
楽器を鳴らしてアンサンブルしたり

とっても楽しいひと時でした

ご家族お揃いでのご参加も多く
お父さんもたくさんいらしてくださり
一緒にあそんでくださいました

「バラエティに富んだプログラムで楽しめました」
と嬉しいお声もいただき

早くも次に向けて
気持ちが動いている私たちです

小さい人たちに
身近で音楽を楽しんでほしいという想いから
企画した今回の音楽会

広すぎず
人数も多すぎず
なるべく日常に近い空間で

お父さんやお母さん、お友だちと一緒に
気軽に音楽を楽しめる場を
これからも創っていきたいと思います

お越しいただいたみなさま
ありがとうございました

また、お会いできますように!

c0252184_1013588.jpg









[PR]
by klingmusik | 2016-07-19 10:24 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

大学オケのサマーコンサート

c0252184_12125390.jpg

6月の第2土曜日
なつかしい大学オケのサマーコンサートを
聴きに行ってきました

30年ぶりの尼崎のアルカイックホール
駅前の雰囲気も昔とは随分違うような…

開演前に同期の友人達と待ち合わせしましたが
会えばあっという間に昔に戻るのは
やはり大学時代に
密な時間をたっぷり過ごしたからでしょうか

プログラムのメインは
私たちの最後の定期演奏会と同じ
ブラームスの交響曲4番
オーケストラ鑑賞会などで何度も演奏した
シベリウスのフィンランディアと
なつかしいプログラムに魅かれて出かけたところ

アンコールまで
かつて定期演奏会で演奏した
シベリウスのカレリア組曲から行進曲

友人達と
「なつかしすぎ~」

学生オケってホントひたむきで熱くて
当時のことも思い出しながら
じ~んとなりました

卒業以来の先輩後輩など
なつかしい方々にもお会いして
しばし時間が逆戻り

しかし最近のオケは女の園です
コントラバスにずらっと女子が並んでいてびっくり
私の時は全員男子だったわ
金管楽器も女子率高し

今はこの時期4回生は就活で
メインメンバーは3回生だとか
大学生もいろいろ大変なんでしょうね

でもどっぷり音楽漬けの毎日なんて
学生の間だけですからね
今となってはそんな時間が羨ましい限りです







[PR]
by klingmusik | 2016-06-21 08:01 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

想像の翼を広げて音楽を

c0252184_1746222.jpg

想像の翼を広げて

NHKの朝ドラ「花子とアン」で
花子が幾度となくつぶやいていたことば

5月に参加した
池末みゆき先生のわらべうたの会で
久しぶりにこの言葉に触れ
心がときめきました

池末先生は、村岡花子さんから
直接学ばれた生徒さんのお一人です
なつかしそうに村岡先生のお話をしてくださいました

文学の世界の遠い存在の村岡花子さんが
なんだか近しい方のように思えました

本が大好きだった子どもの頃
赤毛のアンに夢中になり
お話の中でわくわくするような体験をしました

想像をめぐらせて
自分の知らない世界を旅する時
心は自由です

音楽も心を自由にしてくれます

子どもたちと一緒に
想像の翼を広げて音楽をしていきたいと思います

子どもたちが音楽で
わくわくするような豊かな世界を体験できるように…






[PR]
by klingmusik | 2016-06-18 17:54 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

池末みゆき先生のわらべうたの会

池末みゆき先生のわらべうたの会が
5月に京田辺市で開かれました

国内外でライアー奏者として
活躍されている池末先生は
幼児教育のスペシャリストでもいらっしゃいます

ライゲンの会がなくなって
とても残念に思っていたので
この機会を逃してならずと行ってまいりました

わらべうたの会と言っても
内容は池末先生の季節のライゲン

私の親子音楽クラスの糧となっているのは
先生から学んだライゲンです

この日のプログラムは初夏のライゲン

わらべうたあり、日本の子どもの歌あり
ハンガリーの民謡ありと
子どもたちと歌いたいかわいい歌がいっぱい

久しぶりにお会いする先生は
相変わらずパワフルです

先生に導かれて歌で動いていると
子どもの頃に戻っていくようです

子どもにとって
こういう体験こそが大切なんだなぁと思いつつ
あまりの楽しさに夢中になっていました

先生はライゲンにとどまらず
音楽や子どもの話
ご自身のこと
いつもいろんなお話をしてくださいます

人から何かを学ぶと行くことは
その方の人生からも学んでいくような気がします

最後に感想をシェアしたときには
参加者のみなさんのそれぞれの想いをお聞きして
素晴らしい学びの時間をご一緒できたことを
幸せに思いました






[PR]
by klingmusik | 2016-06-16 10:24 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリン リサイタル

c0252184_9144545.jpg

若手ヴァイオリニストとしてご活躍の
江口純子さんのヴァイオリンリサイタルが
7月23日に京都府立府民ホールアルティで開かれます

デビューリサイタルを聴かせていただき
ひまわりのように明るい江口さんの
真摯で大らかな演奏に魅了されました

ソロで聴かせていただくのはその時以来で
今から楽しみにしています

室内楽でも精力的に活動されているご様子で
今回のコンサートのプログラムにも組まれています

今回共演のお二方は
ピアノの塩見亮さんとチェロの上森祥平さん

ブラームスのピアノ三重奏曲第1番と
こちらも大変楽しみです







[PR]
by klingmusik | 2016-06-13 09:21 | 音楽 | Trackback | Comments(0)