8分音符との出合い

c0252184_9393973.jpg
ビアトリクス・ポター 福音館

「リズムがかわるだけで、こんなにちがうなんて!」
目をきらきらさせながら、生徒が言った

私は、思わず
「すごい!大発見だねぇ」

ピーターラビットピアノの本の2巻
「丘をこえてはるかな国へ」は
こぶたのピグウィグとピグリン・ブランドの曲

1曲目は
4/4拍子、右手のメロディに4分音符の連打の伴奏で
こぶたのピグウィグとピグリンが
ズンズン走って逃げる様子を表現

2曲目は
命からがら、丘のむこうのはるかな国へたどり着いた
ふたり(2匹?)が踊る、ダンス
1曲目と同じメロディラインと和声進行のまま
3/4拍子になり、リズムも変わります

この曲で、はじめて8分音符を習い
新しいリズムを体験
タタ・タン・タンと、はずむリズムを感じて
3拍子にのって弾く姿は
本当に楽しそう

にこにこしながら
「なんか、すごく楽しい気持ちになってきた」
「8分音符って、すごーい」

音符や休符にしろ、音楽記号にしろ
新しいことを習うとき
それを難しいと感じるか、楽しいと感じるかは
その出合い方次第

いつも感動と喜びを感じられるような
音楽との出合いのある
レッスンでありたいものです

[PR]
by klingmusik | 2013-03-18 10:13 | ピアノ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://klingklang.exblog.jp/tb/19686423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 赤ちゃんとママのわらべうたPa... 2012年度終了 >>