巣立ち

c0252184_1616157.jpg

一人の生徒が、志望大学に合格し
教室を巣立っていきました

小学1年生の時から実に12年間

お姉ちゃんが習っていたピアノに
あこがれて始めたレッスン
小学6年生の発表会が終わった後
「中学生になっても、絶対ピアノやめない!」
宣言するのを聞いて
「あぁ、本当に音楽が好きになったんだなぁ」
と感じました
その言葉のとおり
中学・高校では、吹奏楽部で頑張りながら
ピアノも続けていました

クラブ・勉強・ピアノと3本だてのハードな生活
思うように練習ができなかったり
勉強との両立に悩んだり
しんどい時期もありましたが
それでも、レッスンには通っていました

「ピアノが好き、音楽が好き」
という気持ちが
彼女をここまで、引っぱってきたのでしょう

一つのことを続けるということは
簡単そうで、実は、なかなか難しいこと
そして、とても素晴らしいことだと思います

親子でごあいさつに来てくださった時

「ピアノでこつこつ努力することや
最後まであきらめずに頑張る力が
身に付いていたのだと思います
音楽やピアノは、成果や結果が
すぐに目には見えて表れないけれど
こうして続けてきたことが力になって
結果につながったのかなと思います」

と、お母様からお聞きして
ピアノが弾けるようになることや
音楽を楽しむことはもちろん
生きていく上で、大切なことも
ピアノを通して、学んでくれたことを
本当にうれしく感じました
これまで温かく見守り、支えてくださった
ご家族にも感謝の気持ちでいっぱいです

12年間、私の教室に通い続けてくれてありがとう
共に音楽をしてきた時間は、かけがえのない宝ものです
Rちゃんと一緒にレッスンができ、本当に幸せでした
これからも、ずっと応援しています

[PR]
by klingmusik | 2013-04-07 23:48 | ピアノ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://klingklang.exblog.jp/tb/19787860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 明日はつくしクラス すっごく ごきげん >>