ピアノ個人懇談

2月末から3月前半にかけて
ピアノの生徒の個人懇談を行いました
個人懇談というと、なんだか硬い感じがしますが
保護者の方とのお話しタイムです

保護者の方とのコミュニケーションは
密な方だと思っていますが
ゆっくりお一人おひとりと
お話しする時間も必要と感じ
今回初めての試みです

みなさん何かとお忙しい時期ではありますが
学年が変わり生活も変わることが多い4月を前に
この時期を選びました

お話ししてみると
「う~ん、やっぱりね」ということや
「えー、そうなんですか!?」ということなどなど…

お付き合いの長い生徒もいますし
ピアノを弾くと
その子の持つ本質的な面がよく見えますが
それでも私の前での姿がすべてではない

私が子どもたちと過ごす時間は
週に1回レッスンでの30分程度

レッスンでの顔とお家での顔、学校での姿
子どもたちにはいろいろな面があるわけで
そういったお話しを聞かせていただけたことも、よかったです

レッスンに関しては
ご理解いただき、お任せくださっていることに
感謝と安どの気持ち

これからも
ご家庭に支えていただきながら
さらに良いレッスンを目指し精進します
[PR]
by klingmusik | 2014-03-24 00:39 | ピアノ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://klingklang.exblog.jp/tb/21878619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< クラスコンサート3月 赤ちゃんとママのわらべうたPa... >>