絵本からイメージする

c0252184_11314494.jpg

『とだなの上のねずみのおどり』
(ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本)
という曲を練習している生徒と

ピーターラビットの絵本から
この曲の場面が描かれている
「モペットちゃんのおはなし」
を読みました

全文は読む時間がなかったので
曲の場面を抜粋して読んだところ

「楽しく弾いたらいいんやん」

ブラヴォ―!

お話から
この曲で何を表現するかを
感じてくれました

『おどり』から連想されるのは

楽しいとか
元気よくとか
いろいろあるかと思ますが

タイトルからイメージすることが
難しい場合は
他のアプローチを

今回はビビッときたようで
すっかり弾き方が変わりました

気持ちは大事です
自分の中に感じるものがあって
初めて表現できるわけで

そういう気持ちが持てるように
導くのも私の大事な仕事かなと思います

今回は絵本の力を借りました

ここから
楽しい感じにするには

音の強弱は?
テンポは?
音色は?

と具体的な表現に進んでいけます

「絵本、図書室にあるかも読んでみてね」
と言うと
楽譜に大きく『モペットちゃんのお話』
とタイトルを書いていました

うんと楽しい
ねずみのおどりを弾こうね





[PR]
by klingmusik | 2018-03-30 11:38 | ピアノ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://klingklang.exblog.jp/tb/29402124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 4月の予定 夢の中の生徒たち⑲~ペダル >>